クレンジングの選び方

category01

化粧を落とすときは必ずクレンジングをして化粧を落とします。色々なタイプがあるので自分の肌質にあったのを選ぶようにします。化粧が落ちればどれでもいいと思って使っていると肌が荒れたり、吹き出物が増えたりトラブルが起こります。

クレンジングの情報もあります。

タイプの別に特徴を理解したうえで選ぶと肌トラブルを抑えることができます。クレンジングには、クリームタイプ、オイルタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプ、リキッドタイプがあります。
クリームタイプは乾燥肌の人にむいています。


クリーム状なので肌との摩擦が少なく、汚れを落としてくれます。
汚れはオイルより劣り、ベタつきが気になりますが、マッサージをしながら落とすこともできるので一石二鳥です。


オイルタイプやジェルタイプやリキッドタイプは脂性肌の人にむいています。


脂性肌にオイルタイプと思ってしまいますが、クレンジングは時間をかけずに短時間で汚れを落とすことが前提です。

その為、素早く落とすオイルタイプなら脂性肌の人でも使うことができます。



敏感肌の人には、ミルクタイプがむいています。

ミルクタイプは、肌の負担が掛かりにくく乾燥もしにくいので肌を傷つけることなく使うことができます。しかしメイクを落とす力は弱く、油分と馴染むまで時間がかかります。



その為、マスカラなどのポイントメイクは落とすこときないのがデメリットです。


肌にあったものを使うのが一番ですが、しっかりメイクをした時などは洗浄効果の高いクレンジングで落とすこともあるので肌の様子を見ながら使い分けることが大切です。

クレンジングの驚く情報

category02

女性は毎日朝晩とスキンケアを行いますが、夜にはクレンジングも必要で、メイク汚れや皮脂汚れを綺麗に取らないと、毛穴をふさぎニキビが出来てしまったり、どんどんくすんでいってしまったりと、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。肌の上に余計なものが残ったままの状態では、使用する化粧水や美容液などの浸透も妨げ、正しいスキンケアができないことになってしまいます。...

subpage

クレンジングの特徴

category02

毛穴の開きや黒ずみ、詰まりに悩んでいる女性は少なくありません。毛穴が詰まるとニキビができやすくなりますし、古い角質がたまりやすくなるため、肌のごわつきやくすみも目立つようになります。...

subpage

クレンジングが気になる方

category03

クレンジングというとオイルを思い浮かべる方が多いでしょう。ファンデーションをはじめポイントメイクの材料にもオイルが含まれているため、よくなじんでしっかりメイクが落とせるからです。...

subpage

読めば解るクレンジング

category04

クレンジングには色々なタイプがあります。オイルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプ、リキッドタイプ、ジェルタイプ、シートタイプ、アイメイクリムーバーと様々なタイプがあります。...

subpage